スワッピング

おすすめサイトランキング

99point乱交・SM
フレンズナビ

フレンズナビ

乱交やSMプレイ等の色々なプレイを楽しみたい方にオススメのサイトです。刺激を求めている相手が募集できる人気のサイトです。

詳しくはこちらから

94point直メ可能
プチ神募集掲示板

プチ神募集掲示板

エッチ目的の男女が利用しているスワッピングサイト!なんと、直メが可能なので即アポ・即会いもできるオススメサイトです。

詳しくはこちらから

86point充実の検索機能
愛カツ

愛カツ

相手を目的別や地域別で検索できるので自分にピッタリの相手が見つかります。セキュリティもしっかりしてるのでどなたでも安心して利用できます。

詳しくはこちらから

気分を盛り上げて欲しい

盛り上げて欲しい
これまで出会い系サイトを使ってきましたが、最近はセフレサイトを使うようになりました。
私の場合、出会い系サイトで知り合った男性と実際に会うということは、最後まで行くことを覚悟の上で行くわけで、それなのにカッコをつけて最後まで行かずに帰る男性がたくさんいたんです。
もしかしたら「あなたを大事に思っています」ということをアピールしたいのかもしれませんが、面倒くさいったらありゃしないわけです。男なら男らしくホテルに連れ込めばいいんです。
ところが、セフレサイトなら、そんな面倒なことはありません。最初からセックスをするのが目的で男女が集まるサイトなのですから、恋愛だのなんだのは関係なく、気に入った相手とセックスをして気持ちよくなれるわけです。
ただ、最近思うのは、どうせセフレ相手だからといった感じで、女性の扱いがぞんざいな男性がいることに気づきました。
こちらはセックスをして気持ちよくなりたいわけですが、女性というのは、ただピストン運動をされれば気持ちよくなるというものでもないのです。そこまでに気分を盛り上げて欲しいんです。そのためにも、やさしく接して欲しいんです。
たとえセックスだけの関係だとしても、女性の場合は疑似恋愛を楽しむ面もあるわけですから、あからさまにセフレ扱いはして欲しくないんです。

バレなければOK

メインのパ−トナ−とのセックスにはどうしても満足出来ず、だったら別れてしまえば話が早いといってもそれもまた避けたい・・・そんな人の中には、
不満なのはセックスだけだから、交際はそのまま継続して別にセックスフレンドを作れば解決出来ると考える人も見られるでしょう。
倫理的にどうだとか、常識的にこうだとかといった部分では無く、自身にとってベストなセックスを満喫する事を最優先する価値感から来る考え方でしょう。
セックスという行為に関しては、相手に対して不満だから別にセックスフレンドを探すと公言した時点で、当然相手は怒るに決まっていますから、
そうしたホンネを口には出来ません。
ですから自ずと秘密裏にセックスフレンドを探す事となるのが常なのでしょう。
このセックスフレンド、セックス面だけを満たす相手として関係を持ち、メインのパ−トナ−はあくまで恋人と位置づける事となりますから、
世間的には不可解な人間関係となりますが、当事者にとってはそれが最も健康的であり、セックスフレンドもそれを承知していれば問題は無いのです。
あくまでメインのパ−トナ−に露呈しなければ、それで丸く収まってしまうという訳なのです。
こうしたセックスフレンドの存在に関しては、色々な意見があるかと思いますが、これでパ−トナ−との関係を良好に維持出来るのであれば、
決して「悪い事」とは端的に言えないのかも知れません。
外野があれこれ口を挟む事では無いのでしょうが、当人にすれば「セックスフレンドとパ−トナ−両方合わせて1人の異性」という捉え方なのかも知れません。

非常識な方はいないと思います

職場内でセフレ関係を作った事があるという人もいると思うんですけど、そういった職場で恋愛をしたり、セフレになったりすると気まづくなって仕事を辞めるしかないという選択を選んだ人もいれば、セフレだったから普通に友達関係に戻る事ができたという人がいます。
普通に職場でも友達になる事ができるのはセフレぐらいだと思いますよ!
もし職場内で恋愛をするとなればいつかは別れる事が待っています。
すぐに結婚とかをすればいいんですけど、付き合ってすぐに結婚するなんて人は赤ちゃんができない限りまず無理でしょうね。
そんな非常識な方はいないと思います!仕事場で一緒だと、気が合わない事もありますし、他の異性と会話をしている事だって見てしまう事になりますから、そうなると、嫉妬してしまってそれが喧嘩の原因になってしまい、別れるなんて事もあるでしょうね・・・。
そうすると同じ職場だとしんどくなってしまいどちらかが辞めるしかありませんが、セフレはそんな事がないので、職場でセフレを求める事はありだと思いますよ。

Copyright(c) 2013 スワッピングの楽しみ方 All Rights Reserved.